こけら寿司の食べ方

こけら寿司

こけら寿司の食べ方の種類

そのまま食べる

こけら寿司は、押し寿司なので、通常はそのまま食べるのが一般的です。

焼きこけら寿司

昔から親しまれているこけら寿司。
大勢で食べるために沢山のこけら寿司を作り、大人数で食べましたが、残ったこけら寿司は焼いて食べました。
その、焼きこけら寿司が大好きだというお年寄りも沢山います。
現在では、残ったこけら寿司ではなく、わざとこけら寿司を焼いて食べる人がいるほどです。
余ったこけら寿司を備長炭で焼くと、お煎餅のようにカリッと香ばしくなって、別の美味しさが生まれまます。
自宅ではバーナーで表面を炙って食べる方法
オーブントースターで表面に焦げ目を入れて食べると、また味や食感が変わって美味しさが増します。

冷凍こけら寿司

本来はオススメしませんが、こけら寿司は冷凍を行うことも出来ます。
私達の経験と感覚だと5%くらい味が落ちる気がします。
冷凍こけら寿司は、完全に解凍し、中までしっかり加熱してからお召し上がり下さい。
加熱が足りないとパサパサした食感になる場合があります。
また、しっかり加熱した後、フライパンなどで焼き目をつけて頂くと、より美味しく召し上がって頂けます。

タイトルとURLをコピーしました